1. ホーム
  2. 地域密着型サービス外部評価事業

地域密着型サービス外部評価事業

地域密着型サービス申込書

平成29年度の外部評価の申し込みを受け付けしております。

様式は下記よりダウンロードしてください。(ダウンロードできない場合は電話でご連絡ください。)

1.申込についてのお知らせ
2.様式の記入の仕方
3.申込書
4.自己評価及び外部評価結果

5.目標達成計画(外部評価確定後提出用)
6.サービス評価の実施と活用状況(別紙4(3))(提出不要)

 

地域密着型サービスの外部評価とは

「地域密着型サービス」とは、高齢者が要介護状態となってもできる限り住み慣れた地域で生活を継続できるようにとの観点から創設されたサービスで、次の8種類があります。

 認知症対応型共同生活介護(認知症グループホーム)
 小規模多機能型居宅介護
 認知症対応型通所介護
 夜間対応型訪問介護
 地域密着型特定施設入居者生活介護
 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
 複合型サービス

 上記サービスのうち、「認知症グループホーム」については、サービスの質の向上とサービスを利用する際の選択に役立つ情報提供の推進を図ることを目的とし、年1回の外部評価の受審が義務付けられています。秋田県社会福祉事業団は、秋田県から外部評価機関としての指定を受け、平成17年から外部評価業務を行っています。

  ※美の国あきたネット(秋田県庁)にあるページも参考にしてください。

    →  「地域密着型サービス外部評価について(提出期限:毎年4月末まで)」

認知症対応型共同生活介護(認知症グループホーム)とは

認知症グループホームは、「食事の支度や掃除、洗濯などを5~9名の利用者とスタッフが共同で行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活する場」で、認知症状の進行を穏やかにするとともに、家庭介護の負担を軽減することが期待されています。

 

 

外部評価を行う際の社会福祉法人秋田県社会福祉事業団の基本的対応方針

 当事業団は、評価調査員による地域密着型サービス事業所への訪問調査を通じて、事業所が実施する自己評価を補い、利用者(入居者)が安心して暮らせる良質な事業所づくりのためのお手伝いをする『応援団』でありたいと考えています。

 また、評価調査員は、次のポリシーを持って評価業務にあたっています。

  • 「わたしたち評価調査員は、地域密着型サービス事業が向上することを推進する支援者としての姿勢を大切にします 。」

  • 「わたしたち評価調査員は、事業者との『対話』を大切にします 。」

  • 「わたしたち評価調査員は、事業者の欠点を指摘したり、指導する姿勢で評価や調査はしません 。」

  • 「わたしたち評価調査員は、事業者に対して迎合的、追従的な姿勢で評価や調査はしません 。」

 

 

秋田県社会福祉事業団の調査員

 調査員は、医療・保健・福祉の実務経験者等32名で構成されています(平成29年4月現在)。また、常勤のスタッフが評価項目等に関する質問や、評価調査作業に関する苦情等にも対応いたします。

外部評価手数料(消費税込み)~平成29年4月現在~

認知症グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

1ユニット84,000円(評価調査員2名)

2ユニット86,000円(評価調査員2名)

3ユニット96,000円(評価調査員3名) 

問合せ・相談・苦情等窓口

〒010-1412 秋田市御所野下堤五丁目1番地の1(秋田県中央地区老人福祉総合エリア内)

社会福祉法人 秋田県社会福祉事業団(秋田県指定評価機関)
事務局 事業推進課
電 話 : 018-889-8363
FAX : 018-829-3670
e-mail : koujisys@fukinoto.or.jp

電話問合せ受付時間 :毎週月曜日~金曜日午前9:00~午後5:00

公表フローチャート