1. ホーム
  2. 阿桜園
  3. 施設概要

施設概要

概要

設置主体 秋田県
経営主体 社会福祉法人 秋田県社会福祉事業団
名称 阿桜園
事業開始 昭和39年5月11日
定員
生活介護(経過的) 50名
施設入所支援(経過的) 50名
生活介護 75名
施設入所支援 70名
障害児入所支援 50名
生活介護(ほっとハウス) 5名
児童発達支援(ほっとハウス) 5名
放課後等デイサービス(ほっとハウス) 5名
放課後等デイサービス(さくらっこ) 10名
共同生活援助 14名

沿革

昭和39年5月11日 知的障害児施設「秋田県阿桜学園」として開所。(定員50名)
昭和59年10月3日 開園20周年記念式典がおこなわれる。
昭和60年10月1日 心身障害乳幼児地域療育事業開始(さくらんぼルーム)
平成2年4月1日 知的障害者更生施設が設置され、定員が成人70名、児童50名の児者併設施設となり、
「秋田県阿桜園」と改称される。
平成6年4月1日 グループホーム「希望」開設、バックアップ施設となる。
平成6年6月30日 創立30周年記念式典がおこなわれる。
平成9年10月1日 秋田県障害児(者)地域療育等支援事業開始。
平成14年4月1日 養護学校児童生徒放課後生活支援事業開始。
平成15年10月1日 重症心身障害児(者)通園事業開始。
平成16年1月15日 グループホーム「あさひ」開設、バックアップ施設となる
平成16年10月31日 創立40周年記念式典がおこなわれる。
平成22年3月24日 スプリンクラー工事施工となる
平成23年4月1日 支援課成人、児童それぞれ増設する。各棟の名称を変更する。
ケアホーム「あざみ」開設。バックアップ施設となる。
平成24年11月2日 特殊浴槽設置。
平成26年10月26日 創立50周年記念式典がおこなわれる。
平成27年4月1日 放課後等デイサービス事業が開始される。
平成28年4月1日 秋田県阿桜園から名称が阿桜園に変更となる。
平成29年2月28日 生活訓練事業(定員11名)廃止。
平成29年3月1日 生活介護事業が定員変更となる。(定員64名→75名)

施設 設備

食堂

azakura-gaiyo1

温かいお食事を提供しています。
栄養士により栄養を管理しております。

居室

azakura-gaiyo2

2人部屋がほとんどですが、3人部屋もあります。
ベッド使用の方もいますがほとんどの方が布団を使用しています。

浴室

azakura-gaiyo3

清潔な浴室で気持ちよく入浴できます。

特浴

azakura-gaiyo4

特殊浴槽をH24.11導入しました。
シャワーチェアに座ったまま入浴できます。

作業室(木工)

azakura-gaiyo5

コースター、鍋敷き、プランターカバーなどを作っています。

作業室(窯業)

azakura-gaiyo6

箸置き、湯呑、お皿など、好きな物を思い思いにつくって言います。

さくらんぼ(療育)・さくらっこ(放課後等デイサービス)

azakura-gaiyo7

【さくらんぼ(療育)】

就学前のお子様と保護者で週に1回活動しています。

【さくらっこ(放課後等デイサービス)】

             特別支援学校や特別支援学級に通学しているお子さんに下校後、
             長期休業の際、 食事や排せつなどの支援をします。

ほっとハウス

azakura-gaiyo8

重症心身障害児・者の方が日中利用できます。
送迎をしております。