施設概要

概要

設置主体
湯沢雄勝広域市町村圏組合
経営主体
社会福祉法人 秋田県社会福祉事業団
種類
障害者支援施設
福祉型障害児入所施設
事業開始
平成15年4月1日(知的障害児施設 昭和49年10月1日)
利用定員
施設入所支援施設       50名
生活介護           44名
自立(生活)訓練             6名
就労継続支援B型        10名
福祉型障害児入所施設        10名
短期入所事業・日中一時支援      8名
放課後等デイサービス     10名
建物規模
敷地面積  22,128.0m2
本館面積   3,170.0m2
構造
鉄筋コンクリート一部鉄骨造平屋建、冷暖房装備付
仕様
居室  成人施設 2人部屋(18m2)×25室
1人部屋(13m2)× 4室
児童施設 2人部屋(18m2)× 6室
1人部屋(13m2)× 2

医務室、静養室、相談室、作業室、事業用ルーム、家庭室、談話ホール、多目的ホール、体育館 ほか

沿革

昭和49年10月1日 児童福祉法第42条による精神薄弱児施設「やまばと学園」として発足 定員60名
平成1年4月1日 心身障害乳幼児地域療育事業開始
平成15年4月1日 移転改築し「児者併設施設 やまばと園」となる
知的障害者更生施設 定員50名
知的障害児施設    定員10名
知的障害者・児童短期入所事業開始
平成15年10月1日 障害児(者)地域療育等支援事業開始
平成20年 4月1日 施設入所支援事業開始
生活介護事業開始
自立(生活)訓練事業開始
就労継続(B型)支援事業開始
平成21年 4月1日 共同生活介護事業「ばってりー」開始
平成23年 4月1日 共同生活介護事業「のどか」開始
平成24年 4月1日 一般・特定・障害児相談支援事業開始
平成26年 4月1日 法改正により、共同生活介護事業は共同生活援助事業に移行となる。
平成28年 4月1日 放課後等デイサービス事業開始

組織

【管理課】(兼務含む)

園長1名、看護師1名、栄養士1名、調理員5名、保守・運転1名、その他5名

【支援課】(兼務含む)

障害者支援施設

サービス管理責任者2名、支援員34名

福祉型障害児入所支援

児童発達支援管理責任者1名、支援員5名

放課後等デイサービス

児童発達支援管理責任者1名、支援員5名

共同生活援助事業

サービス管理責任者1名、生活支援員2名(世話人兼務)、世話人4名、夜間支援2名

相談支援事業

相談支援専門員2名

【嘱託医】

2名

設備

居室(二人部屋)

yamabato-gaiyo01

備え付けのロッカーもあります。

居室(一人部屋)

yamabato-gaiyo02

利用者の希望等もお聞きしております。

園内廊下

yamabato-gaiyo10

居室(畳のお部屋)

yamabato-gaiyo03

ベッドの苦手な方などもご利用いただけます。

浴室

yamabato-gaiyo04

清潔な浴室で快適な入浴ができます。

食堂

yamabato-gaiyo05

見晴らしの良い明るい食堂です。

談話ホール

yamabato-gaiyo06

明るい陽の差し込む憩いのスペースになっています。

体育館

yamabato-gaiyo07

バスケットコート1面分の広いスペースにて、レクリエーションなど行っています。

グループホーム『ばってりー』

平成21年4月より旧湯沢市内に開所しました。
定員は男子5名です。

グループホーム『のどか』

平成23年4月より旧湯沢市内に開所しました。
定員は女子5名です。

AED(自動体外式除細動器)を設置しました。 平成19年 7月

職員は、普通救命講習を受講し、AEDの操作研修を修了しております。
新規職員に関しましても順次研修を予定しております。