1. ホーム
  2. 秋田県点字図書館
  3. 情報機器について

情報機器について

点字図書館で使える情報機器

拡大読書機(種類;設置型、携帯型、電子ルーペ)

  • 拡大読書器は、弱視者が文字や画像を拡大して見るための拡大器です。
  • 本を読むのに利用されることが多いため、「拡大読書器」と呼ばれます。
  • 表示の拡大倍率を切り替えることができます。また、対象物の表示色とバックグラウンドの色を調節して、コントラストを自分にとって見やすく調整する(例;「羞明(まぶしさ)」の軽減のための白黒反転表示)ことができます。

設置型拡大読書器

tenji-johokiki_sechigatakakudaidokushoki

  • 机の上に設置して利用する大型画面の拡大読書器。
  • 本体の下に読みたいものなどを置くと、モニターに画像が映し出されるタイプ。

携帯型拡大読書器

tenji-johokiki_keitaigatakakudaidokushoki

  • 画面サイズ4インチ以上の大きめ画面の携帯器。
  • 普段は机の上に広げて使っているけれども、たたんで持ち運ぶことができるタイプ。

電子ルーペ

tenji-johokiki_denshiru-pe

  • 倍率切替できる高級ルーペ、携帯型の文字拡大器。
  • 表示の拡大倍率を切り替えることができます。
  • 対象物の表示色とバックグラウンドの色を調節して、コントラストを自分にとって見やすく調整することができます。

音声拡大読書器

  • 印刷物を音声で読み上げ、画面で拡大表示する機器です。

音声パソコン

  • 市販のパソコンに音声ガイド機能のある視覚障害者向けのソフトをインストールしたものです。
  • ソフトには、ワープロソフト、ホームページ閲覧ソフト、メールソフト、墨字文書読み上げソフトなどがあります。
  • ワープロソフトは、文章を入力すると、ソフトが漢字の音訓の読みを読み上げるので、漢字かな混じり文で文章を作成することができます。
  • ホームページ閲覧ソフトは、使用することによりインターネットを利用して、検索や閲覧をおこなえます。「サピエ」で録音図書や点字図書を利用したり、調べものやショッピングに活用できます。
  • メールソフトは、図書の希望をメールで申し込むことなどに利用も可能。
  • 墨字文書読み上げソフトは、市販スキャナに郵便物や銀行の通帳等をセットし読みこむと内容を音声で読み上げてくれます。
  • 点字の読み上げ(白紙に書かれた点字を読み上げます。)
  • 点字図書館などで貸し出されているデイジー図書の再生もできます。

デイジーとは?

  • アクセシブルな情報システム(Digital Accessible Information System)・DAISY(デイジー)は、デジタル録音図書の国際標準規格です。
  • 音声およびテキストデータの構造化と、音声・テキスト・画像データ等の同期再生が主な特徴です。
  • 主に視覚障害者のためのデジタル録音図書の作成、および識字障害者・学習障害者等のためのデジタルマルチメディア図書の作成に使われています。
  • この規格に基づいて作られた録音図書はDAISY図書、DAISY録音図書、あるいはマルチメディアDAISY図書などと呼ばれます。
  • 図書を構成する音声およびテキストデータが構造化されているため、見出しのみを先に再生したり、希望する見出し箇所へジャンプして再生するなどといったことが可能です。
  • このため、点字図書館等における音訳図書は、音声データのみのカセットテープから、DAISY規格によるCD-ROMへと、ほぼ移行しています。
  • さらに最近では、視覚障害者情報総合ネットワーク・サピエ等を利用してのインターネット配信も普及しつつあります。
  • 当初は視覚障害者のためのデジタル録音図書の規格として作られましたが、その後音声と画像の同期技術を取り込むことにより、識字障害者、学習障害者にも有効なデジタルマルチメディア図書の規格に発展しています。

デイジープレイヤー

  • デイジー形式で録音・再生可能です。
  • 「デイジー」は、視覚障害者が効率よく録音図書を聞くために開発されたデジタル録音方式です。
  • 今、全国のほとんどの点字図書館では、カセットテープから、すべての録音図書をデイジー化する作業を手掛けています。
  • デイジー読書を一度体験すると、ほとんどの方が、今までカセットの早送りや巻き戻しで聞きたい場所を探していた効率の悪さはなんだったんだろうと感想を述べます。
  • ぜひデイジー機器を手にし、デイジーの快適さを体感することをお勧めします。

プレクストークPTR2

tenji-johokiki_presstalkPTR2

  • デイジーデータの録音・再生ができるのに加えて、MP3等の最新のオーディオ・データが簡単に扱える機器です。
  • 簡単操作でデイジー読書が可能です。
  • CDのデイジー図書をセットして再生キーを押すだけ。早送りや巻き戻しも再生キーの両側のキーで、テープレコーダー感覚で行えます。
  • 検索と移動は、音楽CDのような曲の頭だし、デイジーの最高の利点といえるページ、見出、グループなど、区切り目の度合いに応じたマーキング個所にきわめて簡単な操作で移動できます。
  • 簡単録音と高機能編集が可能です。
  • テープレコーダー感覚で簡単に録音できることに加えて、図書制作モードで高機能な編集ができます。
  • 図書制作モードでは、いったん録音したものに対して、一部をカット、上書き録音、挿入録音、一部を別の個所に移動、一部を別の個所にコピーなどの操作ができます。
  • 録音メディアとして、CD-RWまたはCD-R及びCFカードが使えます。
  • MP3形式で、1枚のCDに最大90時間まで録音できます。

プレクストークPTN2

tenji-johokiki_presstalkPTN2

  • CD録音図書再生専用機です。
  • 10キーを使って読みたい場所に素早く移動ができます。
  • 音声ガイドで、どなたでも簡単操作を教えてくれます。
  • CD・SDカード・USB接続 複数メディアに対応が可能。

プレクストークポケットPTP1

tenji-johokiki_presstalkPTP1

  • SDカードデイジー録音・再生機で、手のひらサイズのSDカード対応小型軽量機
  • すべての操作に対して音声ガイダンスの応答があります。
  • DAISY図書の再生、MP3/Wave(PCM)の音声ファイル再生が可能。
  • DAISY形式での長時間録音に対応。
  • テキスト文章の再生に対応。
  • PTR1/PTR2とUSBケーブルで接続し、パソコンを使わずにSDカードへデータ転送が可能。
  • パソコンとUSBケーブルで接続し、SDカードへデータ転送も可能。

プレクストークリンクポケットPTP1/LINK

tenji-johokiki_presstalkPTP1LINK

  • 小型軽量で持ち運べるので便利な機器です。
  • パソコンを使わずにCD、SD、サピエのデイジーオンラインサービスなど様々なメディアにつないでデイジー図書が聞ける携帯型デイジー録音再生機。
  • サピエのデイジー図書や雑誌を、パソコンを使わずに検索してすぐに再生。ご自宅のインターネット環境に接続する無線LAN機能を搭載しています。
  • パソコンを使わず、CDドライブから直接デイジー図書CDや音楽CDを再生したり、内蔵メモリやSDカードにバックアップして再生できます。
  • 高音質のテキスト読み上げ機能なので、テキスト文章も滑らかに読み上げます。
  • テキストデータだけでなくワードデータの読み上げもできます。

点字ディスプレイ

tenji-johokiki_tenjidisplay

  • 文字情報を点字で表示する機器。
  • パソコンの画面に表示された文字情報を視覚障害者が指で読むことを目的として開発されたのが点字ディスプレイです。
  • ピンを物理的に持ち上げて点字を表すため、「ピンディスプレイ」とも呼ばれます。
  • パソコンが普及し、画面に表示されている内容を点字でみたいという要求を実現する機械が点字ディスプレイです。

日常生活用具給付制度とは

  • 「身体障害者日常生活用具給付制度」の機器に指定されていて品目に応じて定められた額の補助金が購入や貸与に際して支払われます。
  • この金額以上のものを買うとその差額は自己負担となります。
  • 実際の手続きは、購入したい商品の見積書を業者から受け取り、市町村の担当窓口に提出します。
  • 交付や貸与が認められると市町村から業者に指定金額が支払われ、業者が利用者宅へ現物を納品するという流れです。
  • 次に紹介するのが、厚生省が決めた基準です。 → クリック
  • 自治体独自で品目を増やしたり、補助金の額を上乗せしている場合がありますので、居住している福祉の窓口で必ず確認してください。