1. ホーム
  2. 秋田県点字図書館
  3. テキストデイジーについて

テキストデイジーについて

テキストデイジー図書とは

テキストデイジー図書は、点字図書、録音図書に続く第3の情報形態と称されています。
墨字の文字情報と画像ファイルのみで構成されたもので、音声デイジーと同じように見出し移動やページ移動をすることができます。

現在普及しているソフトの特徴

  • 弱視などの視覚障害者がパソコン等を使い、画面の文字と合成音声による読み上げを通じて読書します。
  • 合成音声で読み上げられる部分の文字が目立つように表示され、言葉が認識しやすいです。
  • 墨字の情報がわかります(漢字等)。
  • 文字の大きさや、文字・ハイライト・壁紙の色を自由に組み合わせられ、利用する方に合うように調節が可能です。
  • 本文内の文字を検索できます。
  • 音声データが入っていないので、データ容量が小さいです。

tenji-daisy

1冊の墨字の本を、点字、音声、テキストのどの形式で読みたいかを利用者が選べる時代になりました。

再生ソフトウェアなどについての情報は日本点字図書館のページをご覧ください。

テキストデイジー図書製作の流れ

  • 第1段階
    本や書類をスキャンし、PDFデータ化します。
  • 第2段階
    専用ソフトウェアで、書籍等をテキストデータ化します。
    手順としては、第1段階で出来たPDFデータを認識させ、テキスト形式でデータ保存することでテキストデータ化します。
  • 第3段階
    パソコンのメモ帳で、原本とつきあわせて文字化けしている文字等を修正していきます。テキストデータは、音声読み上げソフト等で読み上げることができます。
  • 第4段階
    テキストデータに、見出しやページをつけ編集します。